【新築外構 N様邸】

【新築外構 N様邸】

みなさま、こんにちは。

本日はN様邸をご紹介いたします。お客様のご要望は、正面の駐車スペースではできる限りの駐車台数を確保しながらも、おしゃれな前庭とアプローチ、それに合わせた主庭がほしいとのことでした。

新築外構工事

  1. 完成全景
  2. 前庭
  3. アプローチ
  4. 園路
  5. 主庭と目隠し
  6. 沓脱(くつぬぎ)
  7. 排水
  8. テラスとシンボルツリー

 

 

1.完成全景


歩道の乗り入れ箇所の位置も考慮し、カーポートは住宅と平行に設置しました。このように配置することで、毎日ご使用されるお客様の安全を確保することができます。道路にて車を停止させバックで駐車するのではなく、敷地内でのお車の転回が可能となります。また、そのスペースが来客時には、数台の駐車スペースとしてご活用いただけます。カーポートは乗り降りのことも考慮し、4本柱(積雪100cm)を採用しました。

 

2.前庭


玄関ドアは正面から見ないように設計されております。このため玄関の位置がわかるように人の視覚に訴えるように、イロハモミジを1本植栽しました。また足元にはコケを入れました。コンクリートの色と住宅の外壁の色の中間にグリーンを入りれることでより引き立つ効果が生まれ、確保していただいたスペースを最大限生かした前庭となりました。

 

3.アプローチ


アプローチには岐阜の美濃石を敷き詰めております。こちらはセメントで固定するのではなく、庭師さんが一つ一つ丁寧に配置し土を突き、固定し石と石の隙間には細かな砂利を入れてより、アプローチの天然石が引き立つようにしました。

 

4.園路


園路にもアプローチと同じ美濃石を横ラインになるように配置し、主庭への期待と統一感を演出しました。

 

5.主庭と目隠し


大きなリビング窓のN様邸。リビングで過ごす大切な時間を考慮し、視線を気にせずカーテンを開けられるよう、少し大きめの清水垣を設置しました。ただ、大きな竹垣だけを設置してしまうと統一感もなくなるため、清水垣の両サイドに柱で使用した枯焼杉色のスリットを配置し、高さを徐々に下げることで違和感のないようにしました。

 

6.沓脱(くつぬぎ)


リビング前には濡れ縁が設置されいるため、錆御影で沓脱石を設置しました。砂利との色を合わせ、あまり存在感を出さないようにしました。

 

7.排水


濡れ縁と沓脱そしてテラスと続いていきますが、その間にもプランナーのこだわりを入れました。濡れ縁とテラスの間には砂利のスペースを設けてあります。そこは本来であれば雨水を流す排水路ですが、それだけではなくテラスをより引き立たせるため瓦のボーダーを設置し、黒の色を入れることでメリハリのあるデザインに仕上がりました。

 

8.テラスとシンボルツリー


テラスには、コンクリート洗い出しを施工しました。全体的に和のイメージが強い商材を使っていますが、住宅の雰囲気に合わせ、モダンな和になるように、現代のコンクリートに工夫を凝らしテラスに採用しました。またシンボルツリーにはアオダモを植栽し、将来テラスとリビングに木漏れ日が射すお庭となりました。

 

そのほかにも「外構のヒミツ」をわたしたちのホームページ上でご紹介しています。

「外構のヒミツ」はこちら

 

N様、この度は株式会社あてにて大切なガーデンエクステリア工事をプランニングから施工までご依頼をいただき誠にありがとうございました。これからも末永いお付き合いをどうぞよろしくお願いいたします。

外周りや外構などお気軽にご相談ください

CTA-IMAGE "あて"では、外周りや外構などのちょっとした疑問やご相談、見直しのアドバイスなど、無料でお答えしています。 高品質で価格を抑えるウラ技、 失敗しない為のポイント、 おすすめの外周りなどもしっかりお教えします。お気軽にご相談ください。